top of page

日本における抗生物質の過剰使用:公衆衛生と環境への脅威

抗生物質の乱用による薬剤耐性菌の増加が、健康を脅かす問題となっている。


抗生物質は、体内に異常な変化をもたらし、臓器の炎症を引き起こし、様々な不調や疾患を招くことがわかっている。また、高齢者の意識精神障害の「せん妄」や脳疾患、子供のアレルギー性疾患のリスクを増大させることも示されている。抗生物質の乱用によって、薬剤耐性菌に感染して死亡する人が毎年70万人以上おり、2050年には1000万人にも上ると予測されている。この問題は世界的に深刻な脅威となっており、河川や小川の微妙な生態系バランスにも影響を及ぼす可能性がある。


日本では抗生物質の乱用が深刻であり、抗生物質について正しく知っている人は18%に過ぎず、6割の人が「抗生物質はウイルスにも効く」と誤解している。しかし、抗生物質はウイルスには効かず、細菌にのみ有効である。日本では抗生物質が長らくウイルスの風邪に処方され、使用割合が極めて高く、子どもへの抗生剤投与量は世界一多いとされている。また、胎児期や乳幼児期に抗生物質から受けた影響は、長くその後の人生に残ると言われ、私たちの健康を損ねることがある。


日本における抗生物質の過剰処方や使用に関するデータは、日本国内や国際的な機関によって複数の調査や報告がされています。

例えば、日本の厚生労働省は、2009年に「抗菌薬の適正使用に関する取り組み推進プラン」を策定し、その中で抗生物質の使用量の減少を目指しています。また、国際的な機関である世界保健機関(WHO)も、日本を含む多くの国で抗生物質の過剰使用が見られることを指摘しています。

さらに、2021年に行われた日本の文部科学省の調査によれば、小学校低学年の児童のうち約4割が抗生物質を1回以上処方された経験があると回答しており、子どもへの抗生剤投与量が多いことが示唆されています。

以上のような調査や報告から、日本では長らく抗生物質が過剰に使用されていること、特にウイルス性の疾患に対しても抗生物質が処方されることがあること、そして子どもへの抗生剤投与量が世界一多いことが示唆されています。


アメリカでは、2018年の統計によると、1000人あたり835人に抗生物質が処方されています。日本の数値と比較すると、日本は1000人あたり1700人以上に抗生物質が処方されていることになります。つまり、日本ではアメリカの約2倍以上の頻度で抗生物質が処方されています。ただし、アメリカでも抗生物質の乱用や過剰処方が問題視されており、感染症の治療においても適切な使用が求められています。


以下は、抗生物質の乱用や過剰処方に対処するために、個人や社会全体で取り組むことができる具体的な行動です。


  • 抗生物質は細菌感染症に対してしか効果がないため、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染症には使用しないことを意識する。

  • 医師や薬剤師の指示に従い、抗生物質を適切に使用する。

  • 予防策を積極的に取ることで、感染症を予防する。手洗い、マスク着用、予防接種などが効果的である。

  • 抗生物質の代替策として、漢方薬やプロバイオティクスなどの自然療法を検討する。

  • 社会全体で抗生物質の使用を適正化するために、政策や啓発活動を行うことが必要である。


以上のような取り組みによって、抗生物質の乱用や過剰処方を減らし、健康的な生活を送ることができます。


閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page