top of page

最新の正しい『栄養学』の知識を学びましょう

日本における栄養士の資格試験には、登録栄養士試験と公衆栄養管理士試験があります。


これらの資格試験は、日本の栄養士としての資格を取得するために必要な試験です。試験合格後は、登録栄養士や公衆栄養管理士として、栄養指導や栄養管理などの専門業務を行うことができます。


ところで、これらの栄養士試験で問われる知識は、どの程度正しいものなのでしょうか?


従来の日本の栄養士試験(およびその試験を合格して活動している栄養士)の「知識」としての常識は古いことが多い、ということを認識しましょう。


そして、最新の正しい「知識」を得て、本物の健康を実現しましょう!


以下に、従来の間違った知識(これまでの常識)の一部をご紹介します。


従来の栄養士の誤解その1: 脳はブドウ糖しか使えない


「脳はケトン体も使える」という生理学的事実に反する「脳はブドウ糖しか使えない」という誤った主張がまだ一部の栄養士や大学で広まっており、これは問題であります。医学・生理学の常識では、脳はブドウ糖だけでなくケトン体もエネルギーとして利用できることが知られています。



従来の栄養士の誤解その2: 脂肪は悪玉であり避けるべきである


「脂肪悪玉説は間違いだった」という重要な健康常識の変化があります。過去の誤った信念により、脂質は健康に悪影響を与えると考えられていましたが、最新の科学的研究ではこれが否定されています。具体的には、アメリカの研究で脂肪を制限した食事と通常の食事を比較し、心血管疾患やがんの発症率に違いがないことが示されました。



従来の栄養士の誤解その3: 糖質は人間にとって必須栄養素である


糖質制限は必要ないという誤解は科学的な知識不足に基づくものであり、従来の栄養士の中にはこの考え方が存在します。しかし、糖質は人体にとって必須栄養素ではなく、血液中のブドウ糖は糖新生という機能によって必要な量が補われます。


したがって、食事で糖質を摂取しなくても、体内で必要なブドウ糖が生成されるため、必要最小量はゼロとされています。世界の栄養学者によって共通の理解とされており、糖質制限による健康被害の心配は不要です。



従来の栄養士の誤解その4: 糖質だけ減らしても健康改善にあまり意味がない


一部の従来の栄養士は誤解しており、タンパク質や脂質も血糖値を上げると信じていますが、科学的に証明されている事実ではありません。血糖値を直接上げるのは糖質のみです。この事実を知らないため、栄養士が糖質制限食の意義を誤解するケースがあります。一部の栄養学の教育現場ではこの事実が教えられず、古い認識が継続されています。


科学的に証明された事実は、食事による血糖値の上昇は糖質のみによるものであり、糖質摂取量を減らせば食後の血糖値上昇も抑えられます。血糖値が上がらないため、インスリンの必要量も減少し、糖尿病や肥満、動脈硬化のリスクも低くなります。日本の栄養学の教育は遅れており、栄養学の先生たちは最新の科学研究の成果を学ぶべきです。



従来の栄養士の誤解その5: 日本の栄養学は科学的に正しい


日本の多くの従来の栄養士は、時代遅れの栄養学にとらわれており、最新の知識を持っているのは一部の栄養士だけです。栄養学の地位が低く、科学的な検証を経ていない事柄が教えられています。一方、欧米では栄養学の地位が高く、科学的な知識が重視されています。


日本の栄養学は問題があり、古い常識や誤った情報が広まっています。栄養学の教育現場に最新の科学的知識を導入し、正しい食事指導が行われるようにする必要があります。



参考資料:高雄病院理事長 江部康二氏の記事 「栄養」について知らない「栄養士」が多すぎる


出典:厚生労働省「食事バランスガイド」

閲覧数:6回0件のコメント

コメント


bottom of page